2016年12月05日

徒然


一か月、更新さぼりました。てへ。

前回書いたコンポスト君、飽きることなくお世話を続けています。
始めるときに参考にしたブログでは、「入れても入れても嵩が増えない。魔法のよう!」ということで、確かに先月くらいまではそんな状態でしたが、このところ明らかに嵩増ししてきています。
気温が低くなっているので、分解が遅くなってきているのでしょうか。これ以上増えたら混ぜるときにブワッさーん!と飛び散りそうなので、投入ペースを調節すべきなのか、それとも夫にガツガツ釣りに行かせてアラの投入を増やすべきなのか…。両方かな…。

先日、お友達にコンポストのことを話す機会があったのですが、自分でも驚くほどしゃべりました。
始めたのが盛夏でしたので、冬は初めての経験になります。
冬を越したらまた語るべきことが増えるんだろうと思います。
語るべきことがたくさんあるって、どんどん増えていくって、嬉しいことだなあと思った次第。

結びを中途半端にしたままですが、次の話題。

炊飯器を替えました!
うちの炊飯器、なんと24年選手です。(小学生の息子の友達に"古い家電マニア"がいて、うちの炊飯器を見て目を見張っていました。どんな小学生…。)
マイコン方式の3合炊き。壊れてもいないものを廃棄するのは性に合わず、かといって80年代90年代の単純機能の家電がそうそう壊れるはずもなく、で現役生活を続けさせてまいりました。
ただね、さすがに内釜は痛んでいましたよ。テフロン剥げまくり。テフロンのフライパンは毒だから!と言って使わないくせに、炊飯器の内釜は剥げまくり。
この矛盾を抱えながら長年やってまいりましたが、ついに最近、炊き上がりのクオリティが落ちて来ていることを認識しました。(実家の炊飯器なんかは新しいものですんで最新の炊飯器で炊いたお米の味も知ってますけど、特にうちの子の炊き上げにこれまでは不満を感じたことはありませんでした)

ということで、大きさや炊飯方式、各社の釜へのコダワリ等々、お値段との折り合いや、ネットの評判なんかも気にし、先月あたりから購入へ向けて動き出していました。
そうして選んだ炊飯器、それは…!

「しばらくお蔵入りになっていた、夫が一人暮らしで使っていた炊飯器(3合炊き、恐らくマイコン方式、メーカーは私のと一緒、製造は90年代半ば)」

です!!!!!
昨日初めて炊いてみましたけど、うん、問題ナシ。
まあ、そのうちに3合炊きでは足りなくなって、きっとその頃(2~3年後と踏んでいる)には内釜のテフロンも剥げ出して、さすがにマッチングする釜ももう発売されてないだろうから、その時にはいよいよ最新機種をお買い上げかな〜、って思ってます。
いや、最新じゃなくて型落ちで安くなったのとかを狙うんだろうけどさ…。

理解不能だという方もいらっしゃるかと思いますが、私はこんな自分が大好きです。
さて、眠りにつく私の炊飯器ちゃん。サクッと捨てるのも忍びないのですが、置いといてもしょうがないし。
レトロ家電マニアの彼にゆずってもいいんですが(実際、「買い替える時はゆずって下さい!」と言っていたような気がするし)、ご両親からクレーム来そう&「今までよくこんなの使ってたわね」と失笑されそうで、ちょっと躊躇。
どなたか、欲しい方いらっしゃいます?


posted by nmdc-my at 10:34| 日記