2014年01月01日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年の抱負といたしましては、長年温めてきた計画を早々に実行する、ということでしょうか。
さっさと実現するぜ!
と息巻いておきます。

さて、以降は昨年の出来事です。
なんと、12月に、人生初の手術を受けてきました。
病名は、「虫垂炎」。
今更感たっぷりで、深刻さに欠けますが、それなりにえらいこっちゃな出来事でした。
顛末を事細かに記したブログなどたくさんあり、参考にさせてもらったので、詳しく書いてもいいのですが、まあ会社のブログなんで、かいつまんで書きます。


*学んだこと*

@「医者には、きちんと主張しなければならない。」

 虫垂炎の典型的な症状の一つに、「みぞおちの痛みから始まり、痛みが徐々に右下腹に移動する」というものがあります。
 これはネットで複数見かけた情報です。これのおかげで虫垂炎の可能性があり、早々に医者に行かなくては、ヤバい!(数日で破裂して腹膜炎になる)ということがわかりました。

 が、私は胃痛持ちで、虫垂炎の話をしても、延々と「胃の検査をした方がいい。」とかそんな話ばかりされました。
 素人の診断なぞ聞く耳持たない、ということの様です。
 そんじゃ胃薬出すから、で終わられそうになったところで、「とりあえず、腹を見てくれよ!」と主張して、ようやく見てもらえました。
 少し動いただけで痛いので、その様子を見てようやく某かを疑ってもらえ、触診で「こりゃ、素人判断が当たってるかも。」と思ってくれたようで、そこからやっと諸々の検査を受けることになりました。

 結果、そこから数時間後にはオペ室におりました。
 出てきた虫垂はパンパンで、もうちょいで破裂してお腹の中に黴菌がまき散らされるところでした。
 あそこで主張しなかったら、と思うと恐ろしいです。
 とにかく、医者にははっきり主張しなければならない、と認識しました。


A「自分の話した内容が各所にきちんと伝達されていると思うな。」

 手術の可能性を考えて、個人病院ではなく、総合病院に行きました。
 初診でしたので、受付後に、カンファレンスコーナーみたいな所に案内され、そこで問診を聞き取りされました。
 PCに直接入力している風だったので、そこで話したことは院内では共通理解が得られるものと安心しておりましたが、全くそんなことはありませんでした。

 例えば、10年以上前の話ですが、点滴で蕁麻疹が出たことがあり、そのことも話しておきましたので、当然各部署にも伝わっているものと思っていました。
 が、その後、「点滴や注射でアレルギー反応が出たことありますか〜?」と、2,3回確認されました。
 看護婦さんも、「あら、大事なこと聞いといて良かったわ。」と驚いてました。
 あのー、最初の問診は何だったんですか〜???

 入院中にも、「それ、さっき、別の看護士さんに話しましたけど?」ってことが何度かありました。
 引継ぎも全然うまくいってないようでした。
 今回は麻酔が切れた後は自分もしっかりしており、確認されたことは何でもはっきり答えることができましたが、そうではなく自分の意思伝達がうまくできないような場合には、一体どうなるんだろう?と、空恐ろしい思いでした。
 今回は何事もなく過ぎましたが、こういう事がいくつも重なった時に事故が起こるんでしょうねえ・・・。



 さてさて、ダメ出しみたいなことばかり書いてしまいましたが、あかんことばかりだったわけじゃあありません。

 病棟にはお年寄りでトイレも自分で行けないような方も多く、ナースコールは鳴りっぱなしで、看護士さんたちは大変だなあ、すごいなあ、とずーっと思っていました。

 なんだか、もったいない。

 あまり意味があるとは思えない、仰々しい「院長回診」なんてやってないで、その間に連携・伝達をうまくこなせるシステムを構築するべく力を尽くす方が余程良い病院になるのにね、な〜んて。


 4泊5日の短い入院生活でしたが、上に書いたこと以外にも、いろ〜んなことを考えた日々でした。

 さて、退院後も胃の件で一度通院しました。
 めっちゃ胃カメラを勧められる…。そろそろ年貢の納め時か。
 でもそれでまた入院!とかなったらやだな〜。

 そんなこんなで、今年も始まりました。
 本年も何卒ごひいきにしてやって下さいませ!


 
 
http://www.nmdc.jp
posted by nmdc-my at 00:00| 日記

2013年11月05日

続・途中の人


えー、何書こう?

なんか周りで風邪ひいてる人が多いです。
マスクしてほしいなあ。

書けないので、写真をごそごそして、思いついたこと。

DSC_0154.JPG

こちら、かつてお仕事を一緒にしていた方のオープンしたお店。
うーん、素敵。
足を延ばして行ってまいりました。
泣いてしまいますね。
オープンして一月、地元の方に喜んでいただいて、愛されるお店になりつつあるようです。

この方も「途中の人」だったわけですが、一つ、形にされました。
素晴らしい!


昨日は、また別の途中の方々と久々に集まりました。
誰一人欠けずに集まれました。
なんて嬉しい。
各自努力され、道を作っておられました。


つづく。

posted by nmdc-my at 16:52| 日記

2013年10月03日

秋です。


うへぇ〜、もう10月ですよ〜。
数字が二ケタになると、意味もなく焦る今日この頃。
そういえば、今朝、ママ友さんから、「栗ごはんにしてね。」と栗をいただきました。
剥いて切って水につけてあって、後はおカマに入れるだけ…。
ありがたい(T T)
いよいよ、秋ですな。

さて、我が家では俄かに釣りブームが興っております。
子供は行ったこともないのに何故か釣り番組を好み、行きたい行きたいとせがまれておったのですが、夫は仕事で忙殺されており、私が連れていくとなると、

釣り=ゴカイを針に刺す

ゴカイを針に刺す=無理

という連立方程式が出来上がっていたので躊躇しておりました。
が、9月に入って奇跡のように夫に時間の余裕が生まれ、ついに釣りデビューと相成ったのでした。

ほんでもって、今どきの釣りって、ゴカイのみが餌じゃないんですね。
サビキ釣りと言って、アミエビの撒き餌+疑似餌のついた針で釣ることが多いみたいです、この辺では。
そして、一番はまったのは、なんと夫でした。

ある日、帰宅したら、車が、ない!
盗難!?
と、焦りましたが、「はっ!もしや…!」と夫に電話をかけてみると、
「仕事早く終わったから、ちょっと見に行ったら釣りたくなって、餌なしでも釣れたわー。」
…。
早く帰ってるなんて知らずに、必死で帰って、お迎え行って、夕飯作って…と馬車馬のように動く私の逆鱗に触れたのは言うまでもありません。
(この後の顛末は割愛します。)

と、まあ、このように、大変ブームになっているので、このお魚高の時世に一時は毎日魚を食べていたという贅沢な話です。
まあ、餌は買わないとしても、ガソリン代、駐車場代、その他諸々の費用が要るので、節約とかお得とかいうことはないですがね〜…。

それにしても、釣りたての魚はなんでも美味い!
今度は、刺身に出来るような(大きめの)魚を釣ってこい、と指令を出しています。
レジャーシーズン到来です。






posted by nmdc-my at 14:32| 日記

2013年09月03日

夏休み


終わりました、夏休み。
特別なことが何もなくても、ただ夏休みというだけで特別な時間が。

子供が小学校に上がったおかげで、卒業以来、久しぶりに夏休みを満喫しました。
夏休みを体験させてくれた子供にお礼を言いました。
ありがとう!

海だプールだ祭りだ帰省だキャンプだと、なかなか充実していました。
もちろん、宿題の自由製作も!
夏休みって、とても忙しいものなのですね。
子供はいつも通り活動しているつもりでしょうけど、親の方は、どこの親も体力使い果たしていましたあせあせ(飛び散る汗)

夏休みのおまけの9月1日はキャンプの帰りで残った体力を搾り取られ、やりきった感と共に夏休みを締めくくることができました。
来年は、ここに更に帰省以外の旅行を加えようと思います☆

猛暑からは解放されたようですが、まだまだ暑い日が続きそうです。
しか〜し!
もう秋は始まっている!
次は運動会!イベント!

もりもり楽しんで行きますよーexclamation×2




http://www.nmdc.jp
posted by nmdc-my at 10:17| 日記

2013年08月06日


週末は海に行きました晴れ
近場で須磨海岸。

瀬戸内海だし、都心近いし、水質はどうかな〜、ってか、やばい感じだろうな〜と思いつつだったのですが、思ったより良かったです。

4大公害の町で育っているので、子供のころに行った海水浴場は今より更にえらいこっちゃな水質だったわけで。
水はもちろん透明度ゼロ、色は緑どころか茶色に近かったような…。(よく遊泳許可が出たなあせあせ(飛び散る汗)

そんなイメージで行きましたが(そんなんで行くなよ)、いや、なかなかのもんでした!
お魚さんこそいないものの、入るのを躊躇う様な色ではなく、透明度もしっかり有り、子供たちをガッツリ入れてもいいかなと思える見た目でした。
そりゃあ、まあ、島系リゾートの海とは別もんですが…。

で、ちょろっと調べてみたのですが、昭和46年に「水質汚濁防止法」というのができ、それに法り、海水浴場の水質は海開き前に検査されているようです。
過去10年分くらいの須磨海岸及びお隣のアジュール舞子の調査結果が神戸市のHPに掲載されていました。年によって変動はあるものの、まあ概ね変わらない感じ。つまらん。
できれば30年、40年前の水質と比べてみたかったのですが、ネット上の簡単に見つけられるところには落ちていませんでした。
う〜ん、残念。

検査項目は、透明度、大腸菌や汚濁物質の量、油膜の有無について検査し、総合判断で「適AA〜Cランク及び不適」に分類されるようです。
須磨海岸の水質は、「B」。
微妙な感じですが(^_^;)
お隣のアジュール舞子はんは、「A」。
あら意外。
次回はアジュール舞子を覗いてみようと思いました。

ああ、そうそう。
私、実は数年前に技術士補試験を環境部門で受けて通っているのです。
いろいろ忘れましたが、興味のある分野ですので、ちょこっと調べてみましたとさ。

三宅島のように、人がいなくなったらサンゴ礁の海が戻った、なんて悲しすぎる。
かつて海を汚してしまった技術の力で、今度は日本の海の美しさを取り戻せますように…。



http://www.nmdc.jp
posted by nmdc-my at 11:03| 日記

2013年07月02日

夏です〜


あっという間に、夏ですね〜。

この2,3年、夏前に子供共々体調を崩して夏中ぐったりしていることが続いていたのですが、今年は親子揃って快調です。
どんなにしんどくても、夏が大好きなことは変わりませんでしたが、今年はこのまま夏を満喫できるといいなぁ。

事務所の方も少しずつ忙しくなってきました。

楽しい夏にしていきたいです。


posted by nmdc-my at 15:54| 日記

2013年06月04日

途中のヒト


一昔前のB'zの歌に「夢に向かい 交差点を渡る 途中の人はいいね〜♪」という歌詞がありました。

途中のヒト・・・。
大きく括れば、人はみな「途中のヒト」ですよね。
死ぬまでどこかに向かって歩いている。

だけど、それを自覚している人は意外と少ないのかも。

「あなたの夢はなんですか?」と聞かれて、「宇宙旅行」「安定した生活」「馬主になる」、なんでもいいですが、とりあえずニヤニヤしながら言ってみるくらいのことはできますよね。
でも、それが今の自分の人生の延長にあり、現実となることだと考えているかというと、そういう人は少ないのではないでしょうか。
「夢は夢として、それは現実とは次元の違うこと」あるいは、「そうなったらいいな、と思っていること」、そのどちらかの場合が多いように思います。

それは、上の歌詞に出てくる「途中のヒト」ではない。

私は「途中のヒト」が好きです。

「夢は見るものではなく、叶えるもの」
これもいつかどこかで聞いた「クサいセリフ」ですが、夢を現実に、自分の人生の延長に実現させるために考え、行動する人。
それが「途中のヒト」だと思います。
或いは、まだ夢が形になっていないとしても、それを探し続け、自分が本当に求めるものを求めようとする人。
私が友人を選ぶ基準はそこにあるような気がします。


そして、もちろん、私自身も常に「途中のヒト」です。
ようやく、見え始めたところです。
「この道しかない」と覚悟を決めることです。
覚悟をもてるだけのことを探すことです。


求めよ さらば 与えられん


ありがたい。



http://www.nmdc.jp/

posted by nmdc-my at 11:08| 日記

2013年05月02日

お引越し


お知らせしておりますように、新事務所へのお引越し完了いたしました〜!
ぱちぱち。

所員全員に馴染みのある土地への移転ということで、引越しブルーにかかることもなく、大変リラックスしております。ふ〜〜〜。

実はかつてこの辺りに長年に渡って棲息しておりました。
再開発も進み、あの頃とは随分変わったところもありますが、この街の素敵ポイントを再発見している日々です。

そして、あの頃は気付かなかった、超忙しいワーキングマザー的にも嬉しいポイントが。
三宮には確かに何でも揃っていますが、施設間の距離があり、一度に回れる範囲は限られてきます。
また、一つの施設が大きいので、目指す商品やサービスに辿り着くまでにも上下(階層)左右に移動が多く、時間を要します。
ですので、あれもこれも一度に…という訳にはなかなか参りませんでした。
その点この街は様々な施設がコンパクトにまとまって立地しており、店舗の大きさもコンパクトですので、短時間に色々なことを済ませられるのです。

スーパー、郵便局、銀行、各種専門店、100円ショップ(笑)…。(あとはホームセンターがあれば完璧ですわ。)
昼休みと帰宅時を駆使すれば、懸案事項を持ち越さずに済みます!
昨日はスーパーと子供の靴の下見、今日はネットでできない銀行振込と靴購入。
そんな感じで平日についで感覚で用を済ませられるのは、非常にありがたいことなのです。
しかも、スーパーなど狭い範囲にたくさん立地しており、競争があるので、安い!
ありがたや〜。
溜まっていた用が片付いたら、本屋さんを物色しちゃえちゃう〜、なんてウキウキしています。

そんな訳で、仕事以外の部分で満足度が高い事務所移転なのでした。
あ〜、ランチの平均単価が100円上がったのは困るなあ。
あとは安い旨い定番お得ランチの開拓やな。
今日は780円の寿司セット!(何しに会社来とるねん。)


posted by nmdc-my at 11:23| 日記

2013年04月02日

hikiyoseru


もう1年くらい、「新しい」メガネが欲しいのに手に入らなくて困っておったのです。

メガネ屋に何回行っても、どうしても買えず、どうして買えないかというと「デザインが気に入らない」「値段が気に入らない」などその都度理由はあったものの、1年以上も買えない理由ではないわけで、今にして思えば不思議なことだったのです。

ところが、1年以上もメガネ難民を続けていたワタクシなのに、先日、自宅で一銭もかけず、あっという間に欲しかったメガネを手に入れることができました。

どういうことかと申しますと・・・。

そもそも何故「新しい」メガネが欲しかったのという話です。
ツルが緩んで下を向くとスグに落ちてしまうので、うっとおしくてしょうがなかったからなんです。
なので、買い替えをしたかったのです。

で、ある夜、ツルさんは緩みに緩みきっていたようで、10分くらいの間に2,3回うつむいてメガネを落っことしたんですね。
その時に「あー、もう!下を向いても落ちないメガネが欲しい!!!」と心の中で叫んだのです。
そしたら天から新しいメガネが降ってきたのです!
なんてことはもちろんなく、またその数十秒後に落っことしたのですよ。とほほ。

そうしたら。

その時、落とした場所は、洗面所でした。
「ああそうだ、洗面台のしたにペンチがある。それでツルの根元の開きを補正すれば落ちなくなるんでは?」と思ってメガネを外したら、根元のところに小さなネジが付いているのが目に入りました。
ペンチの隣にはドライバーセットもあります。
「あ、このネジをドライバーで締めたらよくね?」
ネジは随分緩んでいました。
きゅっと気持ちよく締まりました。
そして、私は心の中で叫んだ通り「下を向いても落ちないメガネ」を手に入れることができたのです。

・・・・・・・。

とある方が、「メイドが欲しい、メイドが欲しいと2年間も思い続けていたのに、どうしても見つからなかった。私はその時、欲しいものは具体的にしなくてはいけないということを忘れていた。なので、欲しいメイドの条件を箇条書きにしたら、僅かその2分後に欲しかったメイドが現れた。」とおっしゃていました。
つまり、この方のおっしゃりたかった教訓は「欲しいものは具体的にすると手に入る」ということです。
そんなことサルでもわかります。
ですが正直「んな、アホな」とも思っていました。

ところが、わかり易く、いかにも簡単そうに思えることが実はそう簡単なことではなく、「そんなに簡単に手に入るわけないやん」という眉に唾をつけたくなるこの話が実は真理を含んでいるということがよくわかりました。
私は「新しいメガネ」が欲しかったのではないのです。
「下を向いても落ちないメガネ」という、本当に欲しいものに気が付いたのでそれを手に入れることができたのです。(2,3分後でした!)

さて、ここまで読んで、どう思いました?
もちろん、「眉唾」ですよね。
そうだと思います。
私だって、諸般の事情によりこういったことを吸収しなくてはならなくなったものの、理屈屋の理系女子にはなかなかピンと来ず…でありましたから。

しかし、自分が何を欲しているのか改めて考えてみることは悪いことではありませんし、そうすることで手に入れば儲けもんじゃないですか。
そう思って、今回の経験をシェアすることにしました。

あ。
「メガネの緩みなんて、ネジ締めれば済むに決まってるでしょ?」という突っ込みはナシでお願いします。
ははは…あせあせ(飛び散る汗)



http://www.nmdc.jp/
posted by nmdc-my at 11:05| 日記

2013年02月27日

季節は廻る


もう3月ですね。
はやいもので、今年も2か月が経とうとしています。
と、こんな書き出しのブログも多そうですね。

我が家の甘えっこ長男もいよいよ小学校入学です。
本人はもちろんドキドキでしょうけれど、親だって負けないくらいドキドキしています。
今一番心配なのは、一通りそろえなければならないグッズをちゃんと準備できるのかどうか…。
というのは半分本気で半分冗談ですが、4月からの生活があまり見えないので、変なプレッシャーがあります。
入学は嬉しいような、さびしいような…。

ハタチになっても「ママとお買いもの、楽しい!」と言ってくれるようなアメリカンな息子に育てたいと思います。
はぁ〜。




http://www.nmdc.jp/
posted by nmdc-my at 16:39| 日記